本間昭雄(読み)ほんま あきお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本間昭雄 ほんま-あきお

1929- 昭和後期-平成時代の福祉活動家。
昭和4年2月18日生まれ。20歳のときに失明。日本社会事業学校にまなぶ。昭和30年聖明福祉協会を設立し,盲人の自立更生につくす。39年東京都青梅市に盲老人ホーム聖明園を設立。全都道府県に盲老人ホームの建設をすすめたほか,盲大学生奨学金制度を創設した。平成5年妻麻子とともに吉川英治文化賞。茨城県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android