朴正伯(読み)ぼく せいはく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朴正伯 ぼく-せいはく

?-? 江戸時代後期の陶工。
朴正官(せいかん)の父。薩摩(さつま)(鹿児島県)苗代川焼物所の横目加役主取。子の正官の希望によって藩庁に錦手(にしきで)部の設置をねがいでて,文政10年(1827)許可された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android