朴正官(読み)ぼく せいかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朴正官 ぼく-せいかん

?-1874 江戸後期-明治時代の陶工。
朴正伯(せいはく)の子。薩摩(さつま)(鹿児島県)の苗代川窯名工。竪野(たての)窯の樋渡伝兵衛,内田源助画法,絵の具調合法をまなび,天保(てんぽう)15年錦手(にしきで)部主取役となる。藩主島津斉彬(なりあきら)の命で陶器工場で絵付けを指導。慶応3年パリ万国博覧会に錦手大花瓶を出品。明治7年6月死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android