コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦手 ニシキデ

世界大百科事典 第2版の解説

にしきで【錦手】

白磁や白い陶胎の釉上に赤,黄,緑,紫,青,黒などの色釉(いろぐすり)や金,銀彩上絵付(うわえつけ)した陶磁器の日本での総称。日本では単に赤絵,色絵ともいい,中国では五彩(ごさい)とも呼ぶ。江戸時代の初期に中国から輸入された,明末の嘉靖の五彩磁,金襴手(きんらんで),万暦赤絵や,清初の南京赤絵,色絵祥瑞(しよんずい)などの影響を受け,肥前有田では磁胎の錦手が,京都では陶胎の錦手が始められた(有田焼)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

にしきで【錦手】

主として、白釉はくゆうを施した磁器に、不透明な赤釉を中心に、緑・黄・紫・青などの透明釉で上絵をつけたもの。古伊万里などに見られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

錦手の関連キーワード酒井田柿右衛門(初代)帯山 与兵衛(9代目)帯山与兵衛(9代)柿右衛門(1世)沈寿官(12代)血みどろちんがい川原十左衛門有村碗右衛門樋渡次右衛門慶田 政太郎星山仲兵衛三田勇次郎仁阿弥道八野々村仁清津打九平次伊万里焼内田源助服部杏圃宮川香山宋赤絵

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

錦手の関連情報