コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉浦梅潭 すぎうら ばいたん

1件 の用語解説(杉浦梅潭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉浦梅潭 すぎうら-ばいたん

1826-1900 幕末-明治時代の武士,漢詩人。
文政9年生まれ。幕臣。慶応2年箱館奉行,翌年勘定奉行を兼任。明治2年開拓使にはいり,10年退官して東京にすみ晩翠吟社を主宰した。明治33年5月30日死去。75歳。江戸出身。本姓は久須美。名は誠。字(あざな)は求之。通称は正一郎。著作に「梅潭詩鈔」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

杉浦梅潭の関連キーワードハウフクルップビニー内館元右衛門メイランクルップ除蝗録リープクネヒト杉浦誠安本亀八(初代)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone