コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉田旦藁 すぎた たんこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉田旦藁 すぎた-たんこう

?-? 江戸時代中期の俳人。
松尾芭蕉(ばしょう)の門人。名古屋の菓子商で,尾張(おわり)俳壇の古参のひとり。作品は「春の日」「阿羅野(あらの)」「猿蓑(さるみの)」などにのこる。享保(きょうほう)18年(1733)の「古渡集」に辞世の句がある。別号に意水庵。
【格言など】今日は猶(なほ)真桑も涼し畠の月(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

杉田旦藁の関連キーワード旦藁

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android