古参(読み)コサン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 古くから参上して仕えていること。以前からその職、あるいはその立場にあること。また、その人。⇔新参。《季・春》 〔日葡辞書(1603‐04)〕
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉老俗吏「其お庇(かげ)に判任官では故参(コサン)となって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古参の関連情報