古参(読み)コサン

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐さん【古参】

〘名〙
① 古くから参上して仕えていること。以前からその職、あるいはその立場にあること。また、その人。⇔新参。《季・春》 〔日葡辞書(1603‐04)〕
社会百面相(1902)〈内田魯庵〉老俗吏「其お庇(かげ)に判任官では故参(コサン)となって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古参の関連情報