コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李勺光 り しゃくこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

李勺光 り-しゃくこう

?-? 朝鮮王朝の陶工。
文禄(ぶんろく)の役の際,豊臣秀吉の命で日本につれてこられ,毛利輝元にあずけられる。慶長9年(1604)毛利氏長門(ながと)(山口県)移封(いほう)にともなって萩にうつり,藩の御用窯をひらいた。萩焼の祖とされる。初代高麗左衛門の兄。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の李勺光の言及

【萩焼】より

…山口県萩市,長門市の窯で焼造される陶器。萩焼は1604年(慶長9)に入府した萩藩主毛利家の御用窯として,萩城下の東郊松本村中之倉(現,萩市椿東)に,朝鮮から帰化した陶工李勺光(りしやくこう)と李敬によって開かれたといわれている。萩焼の名は1638年(寛永15)著の《毛吹草》にみえ,このころには名産となっていた。…

※「李勺光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

李勺光の関連キーワード高麗左衛門(初代)坂高麗左衛門山村平四郎坂倉万助山村松庵朝鮮王朝李参平陶工文禄

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android