コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李勺光 り しゃくこう

1件 の用語解説(李勺光の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

李勺光 り-しゃくこう

?-? 朝鮮王朝の陶工。
文禄(ぶんろく)の役の際,豊臣秀吉の命で日本につれてこられ,毛利輝元にあずけられる。慶長9年(1604)毛利氏の長門(ながと)(山口県)移封(いほう)にともなって萩にうつり,藩の御用窯をひらいた。萩焼の祖とされる。初代高麗左衛門の兄。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の李勺光の言及

【萩焼】より

…山口県萩市,長門市の窯で焼造される陶器。萩焼は1604年(慶長9)に入府した萩藩主毛利家の御用窯として,萩城下の東郊松本村中之倉(現,萩市椿東)に,朝鮮から帰化した陶工李勺光(りしやくこう)と李敬によって開かれたといわれている。萩焼の名は1638年(寛永15)著の《毛吹草》にみえ,このころには名産となっていた。…

※「李勺光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李勺光の関連キーワード朝鮮王朝実録文禄の役朝鮮王室儀軌家長彦三郎惟政一官三官仲地麗伸百婆仙李一恕

李勺光の関連情報