コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩焼 はぎやき

8件 の用語解説(萩焼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

萩焼
はぎやき

山口県萩市周辺,また広く山口県下で産する陶器の総称。文禄・慶長の役 (1592,97) のとき,毛利輝元が朝鮮から陶工李兄弟を連れてきて,萩の松本中ノ倉で焼かせたのに始る。兄の李勺光 (りじゃくこう) の系統を深川萩 (長門市深川) ,弟の李敬の系統を松本萩 (萩市松本) と称し,窯元 (村山窯,坂窯) が現代まで続いている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

萩焼

朝鮮から渡来した李勺光と李敬(坂助八)の兄弟陶工が開祖とされる。「焼き物戦争」ともいわれる文禄・慶長の役(1592~98年)で日本に連れてこられ、毛利氏が1604年に萩へ本拠を移した後、萩藩の御用窯として始まったとされる。茶道具、特に茶わんで高い評価を得ている。

(2014-09-03 朝日新聞 朝刊 山口全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はぎ‐やき【×萩焼】

山口県萩市長門(ながと)市で産する陶器。文禄慶長の役後に朝鮮から渡来した陶工により始められ、松本萩と深川萩の二系統に分かれて今日に至る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

萩焼【はぎやき】

山口県で産する陶器。慶長年間の朝鮮役の際に帰化した陶工,李勺光(りしゃくこう)・李敬兄弟の開窯といわれる。萩市の松本萩と長門市湯本の深川(ふかわ)萩があり,前者は李敬(坂高麗左衛門)が始め,のち三輪窯が代々業を継ぎ,後者は李勺光が山村姓を名乗って創業,坂家が継いで現在に至っている。
→関連項目萩[市]山口県立美術館

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

防府市歴史用語集の解説

萩焼

 萩藩によってつくられた陶器[とうき]のことです。豊臣秀吉[とよとみひでよし]の朝鮮出兵ちょうせんしゅっぺい]の後に招かれた工人・李勺光[りしゃくこう]と李敬[りけい]によってはじめられたのですが、いつはじめられたのかはわかっていません。李敬がはじめた萩市の松本焼[まつもとやき]と李勺光のはじめた長門市の深川焼[ふかわやき]にわけられます。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はぎやき【萩焼】

山口県萩市,長門市の窯で焼造される陶器。萩焼は1604年(慶長9)に入府した萩藩主毛利家の御用窯として,萩城下の東郊松本村中之倉(現,萩市椿東)に,朝鮮から帰化した陶工李勺光(りしやくこう)と李敬によって開かれたといわれている。萩焼の名は1638年(寛永15)著の《毛吹草》にみえ,このころには名産となっていた。地元で松本焼とよばれる松本御用窯の創業後,53年(承応2)に李勺光の子の付人であった蔵崎五郎左衛門が長門市に窯を築いて三之瀬(そうのせ)焼物所,いわゆる深川(ふかわ)萩をはじめ,また松本には63年(寛文3)三輪休雪が三輪窯を興すなど以後この2窯の系統が併存して今日に至っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はぎやき【萩焼】

陶器の一。文禄・慶長の役で朝鮮から渡来した陶工李敬・李勺光が毛利氏の命を受け開窯。李敬の興した萩市松本の松本萩と、李勺光の孫による長門市深川ふかわの深川萩とを総称していう。高麗茶碗の影響が強くあらわれている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

萩焼
はぎやき

山口県萩市・長門(ながと)市で焼造される陶器。桃山時代の天正(てんしょう)~慶長(けいちょう)年間(1573~1615)、萩藩主毛利輝元(てるもと)が、朝鮮半島から帰化した陶工の李勺光(りしゃっこう)・李敬兄弟に御用窯として開窯させたのを発祥とする。萩城下坂下の東郊松本村中之倉(現萩市椿東(ちんとう))に築窯したので、この系列窯を松本萩といい、李敬を陶祖とした。これに対して兄勺光の一族が1653年(承応2)深川(ふかわ)村三之瀬(そうのせ)(現長門市)に分窯した系統を深川萩という。松江重頼(しげより)著『毛吹草(けふきぐさ)』に萩焼の名がみえ、都でもその存在が知られていたことがうかがえる。1663年(寛文3)三輪休雪(みわきゅうせつ)が松本に三輪窯をおこし、松本・深川の二系統が併存して今日に至っている。
 初期萩焼窯とされる松本萩の坂窯の発掘では、茶碗(ちゃわん)、茶入、花いけなどの茶陶に加え、大量の日常雑器が出土している。また釉(うわぐすり)にも褐釉(かつゆう)が加わって今日の萩焼とは大きく異なり、唐津(からつ)焼や高取(たかとり)焼と同様に多様な作陶内容を示しており、藩窯でありながら一般庶民向け焼物も生産対象にあったことが推察できる。
 防府(ほうふ)で出土する大道土(だいどうつち)を用い、特有の藁(わら)灰質の白濁釉をかけた、茶陶としての作風が樹立したのは江戸前期と思われ、茶人の間では「一楽、二萩……」と賞玩(しょうがん)された。びわ色の釉をかけた茶碗はわびの風情に満ち、使うほどに釉色が変化するところから「萩の七化け」の俗称がある。遺品には三島(みしま)・粉引(こひき)・刷毛目(はけめ)・井戸・熊川(こもがい)などの高麗(こうらい)茶碗を写したものが多く、割高台(わりこうだい)にも特色がある。[矢部良明]
『林屋晴三編『日本陶磁全集18 萩他』(1978・中央公論社) ▽『世界陶磁全集7 江戸2』(1980・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の萩焼の言及

【山口[県]】より

…萩市は近世毛利氏の城下町景観をよく保存し,松下村(しようかそん)塾や萩城跡,伊藤博文旧宅など明治維新期の史跡の多い町である。茶器として全国に知られる萩焼は,萩藩御用窯の伝統を伝えるすぐれた陶芸で,多くの窯元があって,近年は食器,花器,置物など多種の製品がつくられ,山陰の城下町にふさわしい観光産業となっている。県の東端岩国市にある錦帯橋は錦川に架けられたアーチ型5連の木橋で,江戸時代から日本三奇橋の一つとして知られた貴重な文化財であり,錦川の鵜飼いとともに多くの観光客をよんでいる。…

※「萩焼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

萩焼の関連キーワード山口県萩市明木山口県萩市大井山口県萩市大島山口県萩市川上山口県萩市川島山口県萩市紫福山口県萩市羽島山口県萩市土原山口県萩市見島山口県萩市山田

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

萩焼の関連情報