コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李子淵 りしえん (R)I Cha‐yŏn

1件 の用語解説(李子淵の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りしえん【李子淵 (R)I Cha‐yŏn】

1003‐61
朝鮮,高麗の政治家。邵城県(仁州)の人。1024年(顕宗15)科挙に合格して以来,順調に昇進して55年(文宗9)には門下侍中すなわち首相となった。政治家としてとりたてていうべき事績はないが,いわゆる仁州李氏繁栄の基礎をきずいた人物として知られる。李子淵の3人の娘が文宗の妃となって以後,仁宗までの7代80余年間にわたり,仁州李氏は王室との姻戚関係を深め,朝廷に大きな影響力を保持し続けたのである。仁州李氏は高麗における代表的な門閥貴族であり,その他に当代の名門として安山金氏,坡平尹氏,海州崔氏,慶州金氏などが知られているが,高麗前期の政治は主として彼ら門閥貴族によって運営されていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李子淵の関連キーワード高麗高麗青磁三国史記高麗焼高麗錦狛鉾高麗鶯高麗人新鳥蘇金有成

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone