コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李斉賢 りせいけん(R)I Che‐hyŏn

世界大百科事典 第2版の解説

りせいけん【李斉賢 (R)I Che‐hyŏn】

1287‐1367
朝鮮,高麗の文臣,学者。初名は之公。字は仲思。号は益斎,実斎,櫟翁(れきおう)。慶州の人。元との外交折衝で重要な役割を果たし,官は門下侍中(首相)に至る。白頤正の門人で朱子学を修め,忠宣王が燕京(北京)に建てた万巻堂で,元の学者姚燧(ようすい),元明善,趙孟頫(ちようもうふ),閻復らと経史について研究討論を行い,高麗朱子学の基礎を固めた。また趙孟頫の書体を高麗に導入し流行させた。著書には,史書に見えない異聞,奇事,人物評,詩文,書画品評等を載せた随筆集《櫟翁稗説(はいせつ)》や,彼の詩文集で,高麗民間歌謡を漢詩に翻訳したものを収める《益斎乱藁(らんこう)》等がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

李斉賢の関連キーワード朝鮮文学朱徳潤李穡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android