材料加工(読み)ざいりょうかこう(英語表記)material processing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

材料加工
ざいりょうかこう
material processing

材料が最終製品に組込まれて実用に供せられるために,必要な形状や寸法に成型すること。材料加工の方法には,塑性加工,切削加工,溶接加工などがある。加工に際しては,材料に対し,各種の性質が要求される。金属材料に要求される性質には,熱間塑性加工性,冷間塑性加工性,成型性,溶融性,接合性などがある。プラスチックやセラミックスにおいても,金属材料と同様な加工法が施される場合には,金属材料と同じ性質が要求されることが多い。しかし材料が異なると,同じ用語でも内容・方法などが異なる場合がある。金属材料で成型加工といえば,固体の状態にある金属材料を曲加工,プレス加工などによって所要の形状に塑性加工することを意味する。したがって成型性は,割れを生じることなく,所要の形状に成型できる程度と定義されている。セラミックスにおける成型性とは,焼結する前のセラミックス原料で形を正確に作ることができる,すなわち原料粉末を型に入れて圧縮成型できることを意味する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

材料加工の関連情報