材木屋風(読み)ザイモクヤフウ

デジタル大辞泉の解説

ざいもくや‐ふう【材木屋風】

元禄(1688~1704)ごろに流行した男性の髪形で、頭の後ろに(まげ)を細く結ったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ざいもくやふう【材木屋風】

元禄(1688~1704)頃、材木屋の間で流行した男の髪の結い方。頭の後方で髷まげを細く結ったもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ざいもくや‐ふう【材木屋風】

〘名〙 男子の髪の結い方の一つ。元祿時代、材木屋の人達の間で流行した髪で、頭の後ろにまげを細く結ったもの。〔随筆・我衣(1825)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android