村木源次郎(読み)むらき げんじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村木源次郎 むらき-げんじろう

1890-1925 大正時代の無政府主義者。
明治23年生まれ。関東大震災時の大杉栄虐殺の報復として,大正13年和田久太郎,古田大次郎らと震災時の戒厳司令官福田雅太郎(まさたろう)の暗殺をはかり検挙された。予審中の大正14年1月24日病死。36歳。神奈川県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の村木源次郎の言及

【甘粕事件】より

…12月16日には大杉の葬儀が行われたが,その朝には右翼の大化会が大杉の遺骨を奪取して葬儀を侮辱した。大杉派の無政府主義者もテロリズムにかりたてられ,震災1周年には和田久太郎,村木源次郎が福田元戒厳司令官の暗殺を企てて失敗し,無政府主義の衰退を早めた。甘粕は3年後の1926年10月に早くも仮出獄し,陸軍の機密費で1年半ほど渡仏した。…

※「村木源次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android