コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤旗事件 あかはたじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤旗事件
あかはたじけん

1908年6月 22日に起った,日本社会主義運動に対する弾圧事件。東京神田の錦輝館で開かれた山口義三の出獄歓迎会の閉会まぎわに,大杉栄ら無政府主義の青年グループが革命歌を歌いつつ会場外へデモ行進を始めたところ,そこへ警戒中の警官隊が襲いかかり,乱闘の末,大杉栄,堺利彦山川均荒畑寒村らが逮捕された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あかはた‐じけん【赤旗事件】

明治41年(1908)6月、東京神田の錦輝館(きんきかん)で、社会主義者山口義三の出獄歓迎会を開いた際、荒畑寒村大杉栄らが「無政府共産」と書いた赤旗を掲げて屋外行進をしようとして検挙された事件。錦輝館事件

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

赤旗事件【あかはたじけん】

1908年6月,東京神田の錦輝館で当時の社会主義運動活動家が集まって山口孤剣(義三)出獄歓迎会を催した後,荒畑寒村らが用意した〈無政府共産〉〈無政府〉と白文字を縫いつけた赤旗を振りまわしたため,阻止しようとした警察官ともみ合いとなり,大杉栄堺利彦山川均,荒畑らが逮捕された事件。
→関連項目管野スガ大逆事件

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あかはたじけん【赤旗事件】

(1)1908年6月22日東京神田の錦輝館での山口孤剣(義三)出獄歓迎会終了後に起こった社会主義者と警官隊との衝突事件。当時社会主義勢力は,大杉栄らの直接行動派(硬派)と片山潜らの議会政策派(軟派)の二派に大きく分かれていた。筆禍事件で入獄していた山口は直接分派問題に関係がなかったこともあり,久しぶりに両派が一堂に会して盛大な歓迎会を開いた。会の終了後,革命歌を歌いながら荒畑寒村らが準備した〈無政府共産〉〈無政府〉と白文字を縫いつけた赤旗を振り回したため,これを阻止しようとする警官隊と路上でもみあいとなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あかはたじけん【赤旗事件】

1908年(明治41)6月22日に起こった社会主義者弾圧事件。神田錦輝館で行われた社会主義者山口義三の出獄歓迎会の帰途、「無政府共産」と書いた赤旗を押し立て行進に移ろうとした際、警官隊と衝突して堺利彦・大杉栄ら一三名が検挙された。錦輝館事件。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤旗事件
あかはたじけん

明治後期の社会主義者に対する弾圧事件。錦輝館(きんきかん)事件ともいう。1908年(明治41)6月22日東京・神田の錦輝館における山口義三(ぎぞう)出獄歓迎会の終了まぎわ、幸徳秋水(こうとくしゅうすい)の直接行動論を支持する大杉栄(おおすぎさかえ)、荒畑寒村(あらはたかんそん)ら一派の者が、議会政策派への示威のため「無政府共産」「無政府」の文字を白テープで縫い付けた2本の赤旗を翻し、革命歌を歌い、無政府主義万歳を叫び、場外に出たところ、旗を巻けと命ずる警官隊との間で乱闘となった。結局、大杉、荒畑、堺利彦(さかいとしひこ)、山川均(ひとし)、管野(かんの)スガら16人が検挙された(うち2人は即時釈放)。山県有朋(やまがたありとも)系勢力はこれを大事件につくりあげ、社会主義取締りに比較的寛大であった第一次西園寺公望(さいおんじきんもち)内閣を辞職に追い込み(7月)、第二次桂(かつら)太郎内閣は社会主義取締りを強化する態度を打ち出した。8月29日東京控訴院は検挙者のうち10人に重禁錮2年半以下の重い実刑判決を下した。そしてこれが契機となり直接行動派内にテロリズムの傾向を生み、大逆(たいぎゃく)事件の遠因をなした。[阿部恒久]
『荒畑寒村著『寒村自伝』(岩波文庫) ▽吉川守國著『荊逆星霜史』(『資料日本社会運動思想史 第6巻』所収・1968・青木書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

赤旗事件の関連キーワード大須賀 さと子神川 マツ子村木 源次郎大須賀さと子坂本 清馬荒畑 寒村奥村甚之助大杉 栄幸徳秋水堺 利彦山川 均宮下太吉管野すが森近運平神川松子内山愚童友愛会売文社帰途

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android