村松 貞次郎(読み)ムラマツ テイジロウ

20世紀日本人名事典の解説

村松 貞次郎
ムラマツ テイジロウ

昭和・平成期の建築史家 博物館明治村館長;東京大学名誉教授。



生年
大正13(1924)年6月30日

没年
平成9(1997)年8月29日

出生地
静岡県島田市

出身地
静岡県清水市

学歴〔年〕
東京大学工学部建築学科〔昭和23年〕卒,東京大学大学院工学研究科建築学専攻〔昭和28年〕博士課程修了

学位〔年〕
工学博士(東京大学)〔昭和36年〕

主な受賞名〔年〕
毎日出版文化賞〔昭和48年〕,日本建築学会賞(業績賞)〔昭和58年〕,明治村賞(第15回)〔平成1年〕,日本建築学会大賞〔平成7年〕

経歴
東京大学助手を経て、昭和36年東京大学生産技術研究所助教授、49年教授。60年定年退官し名誉教授、同年法政大学工学部教授。56年文化財保護審議会専門委員。63年迎賓館赤坂離宮顧問。また平成3年から明治村館長をつとめる。技術史研究を土台に、明治から昭和までの近代建築の調査に力を注いだ。長年にわたり、日本建築学会の活動を指揮し、全国踏査を展開、建築の台帳を作製し、「日本近代建築総覧」にまとめた。著書に「道具曼陀羅」「日本建築技術史」「日本近代建築の歴史」「大工道具の歴史」など多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

村松 貞次郎 (むらまつ ていじろう)

生年月日:1924年6月30日
昭和時代;平成時代の建築史家。博物館明治村館長;東京大学教授
1997年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android