コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台帳 ダイチョウ

デジタル大辞泉の解説

だい‐ちょう〔‐チヤウ〕【台帳】

商店で、売買の金額などを記しておく帳簿。大福帳。「仕入れ台帳
ある物事の基礎的な事実を記載しておく帳簿。「土地台帳
歌舞伎の上演用脚本。せりふト書きなどが毛筆で書かれたもの。台本。正本(しょうほん)。根本(ねほん)。大帳

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

だいちょう【台帳】

商家における大福帳や,一般にある事柄のもととなる原簿を台帳というが,とくにまた歌舞伎の上演用脚本のうち和紙に毛筆で書かれてあるものに限っての呼称。上演の土台となる帳面の意である。清書されたものは正本(しようほん)ともいい,上方では根本(ねほん)ともいった。のちには台本ともいう。歌舞伎が複雑な内容を持ち始めるにつれて,必要上から発生したもので,元禄(1688‐1704)ごろには存在したと思われるが,現存最古の台帳は,1710年(宝永7)大坂荻野八重桐座上演の,中田楮同作《心中鬼門角(しんじゆうきもんかど)》である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

だいちょう【台帳】

商家で、売買の金額を記す元帳。大福帳。 「 -と合わせる」
ある事柄を記すときに、一番の元となる帳簿。原簿。 「土地-」
歌舞伎で、全体の進行に必要なすべてのことを書き込んである本。脚本。台本。根本。正本。大帳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

台帳の関連キーワード住民基本台帳ネットワークシステム住民基本台帳ネットワーク住民基本台帳閲覧制度住民基本台帳番号制住民基本台帳法人口移動報告不動産登記法住民基本台帳農地基本台帳住基ネット不動産登記照らし合す万売り帳土地台帳仕入れ先名寄せ帳住民登録地籍台帳住民台帳賦役黄冊

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

台帳の関連情報