村田 文三(読み)ムラタ ブンゾウ

20世紀日本人名事典の解説

村田 文三
ムラタ ブンゾウ

大正・昭和期の民謡歌手



生年
明治15(1882)年1月1日

没年
昭和31(1956)年8月10日

出生地
新潟県佐渡郡相川村

本名
村田 文蔵(ムラタ ブンゾウ)

経歴
佐渡金山の坑夫長を務めていた昭和3年、地元有志が結成した民謡保存会・立浪会に天賦の才を見い出され、レコードを吹き込む。以後、ビクター専属の民謡歌手として、昭和初期の不況下、国内だけでなく日本統治下の朝鮮や台湾、旧樺太まで行脚し、佐渡の民謡を広めた。特に“文三節”と称された「正調佐渡おけさ」を広め、他の代表作に「相川音頭」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

村田 文三
ムラタ ブンゾウ


職業
民謡歌手

本名
村田 文蔵(ムラタ ブンゾウ)

生年月日
明治15年 1月1日

出生地
新潟県 佐渡郡相川村

経歴
佐渡金山の坑夫長を務めていた昭和3年、地元有志が結成した民謡保存会・立浪会に天賦の才を見い出され、レコードを吹き込む。以後、ビクター専属の民謡歌手として、昭和初期の不況下、国内だけでなく日本統治下の朝鮮や台湾、旧樺太まで行脚し、佐渡の民謡を広めた。特に“文三節”と称された「正調佐渡おけさ」を広めたが、他の代表作として「相川音頭」がある。

没年月日
昭和31年 8月10日 (1956年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android