コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東の風 あゆのかぜ

とっさの日本語便利帳の解説

東の風

富山県などで使われていることばで、『万葉集』にも“安由乃可是”として載っている。かつては春の季語。東風、つまり春の季節をいう。ア=雨、ユ=由で雨気をおびた風の意。春の強東風(つよごち)は漁師にとって恐ろしい。
夕東風(ゆうごち)や貝殻の過去ひびかせて\堀井春一郎

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

東の風の関連キーワードバック(Pearl Sydenstricker Buc)世界のおもな局地風オホーツク海気団アゾレス高気圧インドシナ半島小沢 栄太郎ガス(海霧)久板 栄二郎南東貿易風井上 正夫杉本 良吉妙心寺境内小沢栄太郎久板栄二郎シロッコ朱鞠内湖平畑静塔気圧配置季節の風出雲阿国

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東の風の関連情報