コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東串良[町] ひがしくしら

世界大百科事典 第2版の解説

ひがしくしら【東串良[町]】

鹿児島県東部,肝属(きもつき)郡の町。人口7868(1995)。大隅半島頸部に位置し,東は志布志湾に面する。町域の大半は沖積低地とシラス台地からなり,南境を肝属川が,西境をその支流串良川が流れる。国道220号線が通じる。肝属川河口付近に唐仁(とうじん)古墳群(史)がある。中世以来この地を支配した肝付氏が,天正年間(1573‐92)に移封されてからは島津氏の所領となる。江戸時代には,肝属川河口の柏原(かせばる)は,米の積出しや琉球などとの貿易の港として栄えたが,今は漁港で,国家石油備蓄基地が地先にある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

東串良[町]の関連キーワード日南海岸国定公園