コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東久世通庸 ひがしくぜ みちやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東久世通庸 ひがしくぜ-みちやす

1769-1818 江戸時代後期の公卿(くぎょう)。
明和6年4月7日生まれ。東久世通武(みちたけ)の子。右近衛権(うこんえのごんの)中将。文化元年(1804)正三位となる。文政元年9月17日死去。50歳。初名は通正。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

東久世通庸 (ひがしくぜみちやす)

生年月日:1769年4月7日
江戸時代中期;後期の公家
1818年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

東久世通庸の関連キーワード生年月日後期