東京市政疑獄(読み)とうきょうしせいぎごく

世界大百科事典 第2版の解説

とうきょうしせいぎごく【東京市政疑獄】

東京市会議員らの汚職事件。1920年明治神宮の参宮道工事不正問題,すなわち〈砂利食い事件〉に端を発し,市全般の道路・下水工事における大小さまざまな贈収賄事件の発覚が市政疑獄の第1弾である。つづいて東京瓦斯会社のガス料金値上げをめぐり,会社側が市会の二大団体,公和会と市友会に,それぞれ4万円,2万円を手渡したのをきっかけに数十万円にものぼる贈収賄を行ったことも明るみに出た。その後,市政にからむ乱脈な汚職は,25年の多摩鉄道会社への買収工作,28年の魚市場移転補償費70万円交付にからむ13万6000円の贈収賄,青物市場幹部の使用料引上げ額,市バスの車種変更にともなう追加予算成立(円太郎事件),京成電鉄乗入れ認可をめぐっての14万円を超える市会の収賄などが続々と明るみに出た。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android