乱脈(読み)ランミャク

デジタル大辞泉の解説

らん‐みゃく【乱脈】

[名・形動]
秩序や規律が乱れて筋道が立たないこと。また、そのさま。「会社の内部は乱脈をきわめている」「乱脈な運営」
不規則に打つ脈。
[派生]らんみゃくさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らんみゃく【乱脈】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
秩序や規則が少しもない・こと(さま)。 「 -な経理」 「 -を極める」
乱れた脈搏みやくはく
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

らん‐みゃく【乱脈】

〘名〙
① (形動) れて筋道の立たないこと。乱れて秩序のないこと。また、そのさま。乱雑。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
② 不規則にうつ。乱れた脈搏。不整脈。〔運歩色葉(1548)〕
※滝口入道(1894)〈高山樗牛〉七「乱脈打てる胸の中に迷ひの雲は愈々広がり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

乱脈の関連情報