コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乱脈 ランミャク

デジタル大辞泉の解説

らん‐みゃく【乱脈】

[名・形動]
秩序や規律が乱れて筋道が立たないこと。また、そのさま。「会社の内部は乱脈をきわめている」「乱脈な運営」
不規則に打つ脈。
[派生]らんみゃくさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

らんみゃく【乱脈】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
秩序や規則が少しもない・こと(さま)。 「 -な経理」 「 -を極める」
乱れた脈搏みやくはく
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

乱脈の関連キーワードフィッツジェラルド(Francis Scott Key Fitzgerald)アーマー(Ayi Kwei Armah)国政調査権、何ができる?アナスタシウス(1世)境界パーソナリティ障害ウュルテンベルク公国五・一六軍事革命シクスツス5世東京市政疑獄東京共同銀行万里小路藤房パナマ事件メルガレホコロンブス中西 啓介新銀行東京レセップス国政調査権大辻 伺郎談林俳諧

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乱脈の関連情報