東京考古学会(読み)とうきょうこうこがっかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京考古学会
とうきょうこうこがっかい

1930年森本六爾らによってつくられた考古学の研究団体。機関誌『考古学』を 41年まで刊行。その後,一時解散したが,48年杉原荘介らによって再発足し,学会誌『考古学集刊』を発行している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android