コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京考古学会 とうきょうこうこがっかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京考古学会
とうきょうこうこがっかい

1930年森本六爾らによってつくられた考古学の研究団体。機関誌『考古学』を 41年まで刊行。その後,一時解散したが,48年杉原荘介らによって再発足し,学会誌『考古学集刊』を発行している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

東京考古学会の関連キーワード矢出川遺跡杉原 荘介藤森 栄一茶臼山遺跡森本 六爾

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android