東京考古学会(読み)とうきょうこうこがっかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京考古学会
とうきょうこうこがっかい

1930年森本六爾らによってつくられた考古学の研究団体。機関誌『考古学』を 41年まで刊行。その後,一時解散したが,48年杉原荘介らによって再発足し,学会誌『考古学集刊』を発行している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android