コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森本六爾 もりもとろくじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森本六爾
もりもとろくじ

[生]1903.3.2. 奈良
[没]1936.1.22. 鎌倉
考古学者。 1924年上京して東京高等師範学校校長の三宅米吉門下生となる。 27年に考古学研究会 (のちの東京考古学会) を創立し,雑誌『考古学』を発刊する。在野にあって小林行雄杉原荘介藤森栄一などユニークな学者を育てるとともに弥生文化の解明に精魂を傾け,多くの研究成果を世におくる。特に弥生時代における稲作農耕の存在を明確化した功績は評価される。主要著書に『川柳村将軍塚の研究』『日本考古学研究』『日本農耕文化の起源』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

もりもと‐ろくじ【森本六爾】

[1903~1936]考古学者。奈良の生まれ。昭和4年(1929)東京考古学会を組織し、雑誌「考古学」を創刊弥生時代水田稲作農耕の存在を主張した。著「日本農耕文化の起源」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

森本六爾【もりもとろくじ】

考古学者。奈良県生れ。1924年上京して三宅米吉に師事。1927年在野の研究団体として考古学研究会を創立,1929年東京考古学会と改め,雑誌《考古学》を創刊した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森本六爾 もりもと-ろくじ

1903-1936 大正-昭和時代前期の考古学者。
明治36年3月2日生まれ。郷里奈良県の小学校代用教員をへて,大正13年東京高師の歴史教室副手となる。昭和4年辞職。東京考古学会を創立,「考古学」を主宰した。弥生時代に稲作農耕が存在したことを主張。「日本農耕文化の起源」「日本考古学研究」などが没後刊行された。昭和11年1月22日死去。34歳。畝傍(うねび)中学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

もりもとろくじ【森本六爾】

1903‐36(明治36‐昭和11)
考古学者。奈良県の生れ。1920年奈良県立畝傍中学校卒業後,郷里において小学校代用教員をしつつ考古学への進路を模索。24年上京して東京高等師範学校副手となり歴史教室に勤務したが,31年渡欧のため辞任した。これより先1927年,在野の研究団体として考古学研究会を創立,29年同会を改組し東京考古学会と改称,雑誌《考古学》を発行して弥生文化研究の進展に努めた。とくに弥生時代が古墳時代に先行する独立した時代であり,日本における原始農業の開始期にあたることを力説した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森本六爾
もりもとろくじ
(1903―1936)

考古学者。明治36年3月2日奈良県に生まれる。県立畝傍(うねび)中学校卒業。1924年(大正13)上京し、東京高等師範学校長三宅(みやけ)米吉教授の副手となる。27年(昭和2)有志とともに考古学研究会を創立、アマチュアが出した最初の考古学雑誌『考古学研究』を創刊。29年東京考古学会と改組し、雑誌『考古学』を創刊、主幹として没年まで同会の発展に尽くした。31年フランスに留学したが、病を得て翌年帰国。業績のうち、とくに弥生(やよい)時代に水田稲作農耕の存在を主張したことは著名であるが、ほかに青銅器、古墳・歴史時代墳墓の研究にも意欲を示し、清新な研究で貢献した。昭和11年1月22日死去。[渡辺兼庸]
『藤森栄一著『二粒の籾』(1967・河出書房新社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の森本六爾の言及

【考古学】より

…弥生土器の存在は19世紀から知られていたが,弥生時代の性格が明らかとなり,縄文時代,弥生時代,古墳時代という現在使われている時代区分の原型ができ上がったのは,30年代のことである。梅原は20年代に邪馬台国論争に参加,その後,森本六爾は弥生時代を生業論の立場から説明,また,和島誠一は唯物史観の立場から日本考古学の総括を試みるなど,考古学を歴史学に高めようとする努力も見られたが,それを直接,日本国家成立史に連結することは当時の思想統制の下では困難であったので,歴史学の一部門としての日本考古学は十分に開花するにいたらなかった。第2次世界大戦後,日本の考古学はようやく皇国史観の抑圧から解放され,自由な活動を開始する。…

※「森本六爾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

森本六爾の関連キーワード杉原 荘介久ヶ原遺跡将軍塚古墳藤森 栄一森本 六爾弥生土器森本