コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東国歳時記 とうごくさいじき

1件 の用語解説(東国歳時記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とうごくさいじき【東国歳時記】

朝鮮の年中行事や風俗を記録した李朝末期の書。著書は洪錫謨(こうしやくぼ)。著作年代は不詳だが,1849年にしるした序がある。東国は朝鮮の別称。前近代の歳時風俗に関する貴重な記録で,今日における朝鮮歳時風俗の原点を知ることができる。前近代の朝鮮の歳時記としては,このほかに金邁淳(きんまいじゆん)(1776‐?)の《洌陽歳時記》があるのみで(洌陽とはソウルのこと),1819年の著者自身の跋文がある。【姜 在 彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東国歳時記の関連キーワード韓国荊楚歳時記建武年中行事月次絵年中行事年中行事絵巻時令開化派年中行事の障子School Calendar

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone