コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東国歳時記 とうごくさいじき

世界大百科事典 第2版の解説

とうごくさいじき【東国歳時記】

朝鮮の年中行事や風俗を記録した李朝末期の書。著書は洪錫謨(こうしやくぼ)。著作年代は不詳だが,1849年にしるした序がある。東国は朝鮮の別称。前近代の歳時風俗に関する貴重な記録で,今日における朝鮮歳時風俗の原点を知ることができる。前近代の朝鮮の歳時記としては,このほかに金邁淳(きんまいじゆん)(1776‐?)の《洌陽歳時記》があるのみで(洌陽とはソウルのこと),1819年の著者自身の跋文がある。【姜 在 彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone