コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歳時記 さいじき

5件 の用語解説(歳時記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歳時記
さいじき

歳事記とも書く。俳諧の季題,季語を集め,季または 12ヵ月に分けて整理し,さらに解説,例句を加えたもの。現在は季題を分類整理しただけで解説のないものを季寄 (きよせ) といって区別するが,古くはその区別は明瞭でない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さいじ‐き【歳時記】

1年のおりおりの自然・人事などを記した書物。歳事記。
俳句の季語を集めて分類・整理し、解説や例句を載せた書物。俳諧歳時記季寄せ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

歳時記【さいじき】

〈歳事記〉とも書き,季寄(きよせ)ともいう。俳諧(はいかい)の季題を四季または12ヵ月に分かち,さらに天文・地理・動植物・人事などに分類配列し,解説・例句を加えた俳諧・俳句の手引書。
→関連項目季題

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいじき【歳時記】

〈歳事記〉とも書く。元来は年中の行事や故実などを記したものをいうが,普通は俳句の季語を集めて句作の参考に供するもので,季語を季別,時候,天文,人事,宗教,動植物等の部門別に分類して解説を加え,例句を付してあるものを指す。より小型,簡略なものを季寄(きよせ)といっている。もとは連歌,俳諧の式目書,作法書の中に四季の詞として季語が収録されていたもので,連歌では《至宝抄》《無言抄》等,俳諧では《はなひ草》《誹諧初学抄》《俳諧番匠童(ばんじようわらわ)》《をだまき綱目》《俳諧通俗志》《手挑灯(てちようちん)》等,多数刊行されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さいじき【歳時記】

中国や日本で、一年中の行事やおりおりの風物などを、四季もしくは月順に列挙し解説を加えた書。「荊楚歳時記」「日本歳時記」など。
俳諧で、季語を分類して解説や例句を示した書。俳諧歳時記。俳句歳時記。季寄せ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

歳時記の関連情報