コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東山渓県立自然公園 ひがしさんけいけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東山渓県立自然公園
ひがしさんけいけんりつしぜんこうえん

徳島県東部,四国山地の東端部にある自然公園。面積 37.24km2。 1967年指定。鮎喰川,勝浦川,那賀川の各中流部を含む。西龍王山の徳島市側には建治寺,佐那河内村南部にはシャクナゲで有名な徳円寺がある。勝浦町には四国八十八ヵ所の第 20番札所鶴林寺,太竜寺山の阿南市側には第 21番札所太竜寺など古寺が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

東山渓県立自然公園の関連キーワード佐那河内(村)徳島市勝浦川鮎喰川那賀川

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android