佐那河内村(読み)さなごうち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐那河内〔村〕
さなごうち

徳島県東部,徳島市南西に接する村。園瀬川流域の緩斜面を利用してミカンスダチの栽培が行われる。南部標高 600mの山中徳円寺があり,シャクナゲ名所として行楽客が多い。ほかに大川原高原,嵯峨峡などがあり,村域の一部は東山渓県立自然公園に属する。国道 439号線が通る。面積 42.28km2。人口 2289(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

佐那河内村

徳島県東部の中山間地域に位置する県内唯一の村。人口約2400人、面積42平方キロ。農業が盛んで、高級イチゴ「さくらももいちご」やスダチの産地として知られる。 村史によると「佐那河内」は、平安時代中期(11世紀)の後一条天皇の時代から続くとされ、「千年続く村」としてPRしている。 村の常会は1940年ごろ、全国で「隣組」が組織されたのに合わせて始まったとされる。

(2018-03-05 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐那河内村の関連情報