コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東海道五拾三次 とうかいどうごじゅうさんつぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東海道五拾三次
とうかいどうごじゅうさんつぎ

浮世絵風景版画の主要な主題の一つ。歌川広重優作が多いが,特にすぐれているのは天保4 (1833) 年頃,保永堂,仙鶴堂の共同出版による『東海道五拾三次』 55枚である。八朔の御馬献進に従って上洛した実体験をもとに,日本の自然と風俗を抒情的にとらえ尽した傑作。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

東海道五拾三次の関連キーワード町田市立国際版画美術館歌川広重(初代)東海道五十三次知足美術館

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東海道五拾三次の関連情報