コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東漢末賢 やまとのあやの まっけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東漢末賢 やまとのあやの-まっけん

?-? 飛鳥(あすか)時代の画師。
推古天皇30年(622)聖徳太子の死後,妃の橘大郎女(たちばなの-おおいらつめ)が太子をしのんでつくらせた「天寿国曼荼羅繍帳(てんじゅこくまんだらしゅうちょう)」の下絵を,ほかの画師とともにえがいた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の東漢末賢の言及

【天寿国繡帳】より

…また,この繡帳は当時の工芸技術を伝えるだけでなく,数少ない飛鳥時代の絵画資料としても貴重である。下絵を描いた東漢末賢(やまとあやのまけ),高麗加西溢(こまのかせい)らは,いずれも渡来系工人で,現存する断片からは中国,朝鮮の色濃い飛鳥時代の風俗や,仏教以外の観念が同居する浄土像をうかがうことができる。また,この繡帳には,亀を形どった上に4文字ずつ刺繡された銘文があり,その全文は《上宮聖徳法王帝説》等に記載されているので,繡帳の成立事情などがわかる。…

※「東漢末賢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報