コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘大郎女 たちばなのおおいらつめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橘大郎女
たちばなのおおいらつめ

允恭天皇皇女。母は皇后忍坂大中姫。安康天皇雄略天皇の同母妹。『古事記』は橘大郎女とするが,『日本書紀』では但馬橘大郎女皇女としている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘大郎女 たちばなのおおいらつめ

?-? 飛鳥(あすか)時代,聖徳太子の妃。
敏達(びだつ)天皇の孫。尾治(おはり)王の王女。白髪部(しらかべ)王,手島女王を生む。推古天皇30年(622)に没した太子をしのんで「天寿国曼荼羅繍帳(てんじゅこくまんだらしゅうちょう)」(国宝)をつくらせた。位奈部橘王ともいい,多至波奈大女郎ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の橘大郎女の言及

【天寿国繡帳】より

…飛鳥時代の刺繡作品で,《天寿国曼荼羅》ともいう。聖徳太子の没後,太子をしのんで,妃の橘大郎女(たちばなのおおいらつめ)が太子の往生した天寿国のありさまを下絵に描かせ,采女(うねめ)らに刺繡させたもの。当初は薄く透ける羅地に刺繡された大きな2帳で,仏堂にかけられたと思われる。…

※「橘大郎女」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

橘大郎女の関連キーワード穴穂部間人皇女漢奴加己利椋部秦久麻天寿国繡帳天寿国繍帳飛鳥美術聖徳太子東漢末賢

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android