コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋六四郎(初代) きねや ろくしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杵屋六四郎(初代) きねや-ろくしろう

1812-1871 江戸時代後期の長唄三味線方。
文化9年生まれ。4代杵屋六三郎の門弟。前名は初代鉄次郎。文政8年六四郎とあらため,天保(てんぽう)10年立三味線となった。明治4年1月21日死去。60歳。作品に「草紙洗小町(そうしあらいこまち)」「三国妖狐(さんごくようこ)物語」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

杵屋六四郎(初代)の関連キーワード廃藩置県第2次英米戦争コッホ(Robert Koch)吉田一調第2次英米戦争ウィリアムズゴンチャロフティツィング赤尾丹治ゴンチャロフ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android