杵屋 勝東治(読み)キネヤ カツトウジ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

杵屋 勝東治
キネヤ カツトウジ


職業
長唄三味線方

本名
奥村 実

生年月日
明治42年 10月16日

出生地
東京都 中央区新富町

経歴
6歳からけいこを始め、15歳で勝東治の名をもらい、16歳で師匠となる。力強いバチさばき、男っぷりのよさ、世辞、追従の類が言えないという性格にファンも多かった。

没年月日
平成8年 2月23日 (1996年)

家族
長男=若山 富三郎(俳優),二男=勝 新太郎(俳優),孫=奥村 真粧美(女優),鴈 龍太郎(俳優),若山 騎一郎(俳優)

親族
二男の妻=中村 玉緒(女優)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android