コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松前問屋 まつまえどんや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松前問屋
まつまえどんや

江戸時代後期,蝦夷地松前の海産物を扱った大坂の株仲間。初め大坂では干鰯 (ほしか) 商仲間が魚肥を中心とした松前物を扱っていたが,文化~文政年間 (1804~30) 頃から松前物が多くなったので,この仲間から松前物最寄 (もより) 組と称する仲買と東組松前問屋が組織された。弘化4 (47) 年株仲間解散令とともに東組松前問屋は松前荷受屋となり,さらに箱館産物売捌人 (うりさばきにん) と改称された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

松前問屋の関連キーワード岸本五兵衛(初代)問屋(といや)大三輪長兵衛