魚肥(読み)ギョヒ

百科事典マイペディアの解説

魚肥【ぎょひ】

魚類を加工した有機質肥料。干し魚粉,魚かす,荒かすなどがある。かつてはほしか(干鰯)と〆かすが主であった。魚かすは魚を蒸し煮,圧搾し,油や水分を除いたもので,魚油生産の副産物であることが多い。荒かすは水産物加工の廃棄物(内臓,頭部など)を原料とするもの。魚はカリウムは乏しいが,リン酸,窒素に富み,日本における最初の販売肥料として江戸初期より取引された。現在は生産量がまとまらず,比較的高価なため,一部園芸作物に用いられるほか,化学肥料に配合されることが多い。
→関連項目アルカリ性肥料干鰯問屋

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょひ【魚肥 fish manure】

魚類を乾燥し,あるいは油を絞りとって作った肥料のことで,普通は窒素9~10%,リン酸4~5%を含む。窒素とリン酸に富んでおり,肥効は高いが,化学肥料に比して著しく高価であるので現在は肥料としての消費は少ない。江戸時代の初期にワタ,アイ,タバコなどの商品作物用の肥料として取引され,明治の半ばまでは日本の販売肥料の中心を占めていた。生産,消費は昭和10年ころが最高であったが,第2次大戦後のイワシ,ニシンの漁獲高激減などにより生産量は減少した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎょひ【魚肥】

魚を肥料としたもの。乾燥させたものやしぼりかすなどがある。窒素分・リン酸分に富む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の魚肥の言及

【干鰯問屋】より

…江戸時代の魚肥の問屋兼仲買商。農業生産における魚肥の施用は戦国期に始まるが,江戸時代に入って大衆的衣料として普及した木綿の原料としての綿作の発展は,速効性にすぐれた購入肥料としての魚肥の需要を増大させ,大坂,江戸をはじめ各地に魚肥を扱う干鰯問屋が成立した。…

※「魚肥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android