コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松南院座 しょうなんいんざ

1件 の用語解説(松南院座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松南院座
しょうなんいんざ

「しょうなみざ」とも読む。中世における南都絵所三座の一つで,初め興福寺一乗院に属したが,のち大乗院方に移る。鎌倉時代初期の尊智が南都との関係を確立した。多くは尊の字を有し,室町時代末期まで存続。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の松南院座の言及

【尊智】より

…生没年不詳。興福寺一乗院の絵所に仕え,のちに南都絵所座の一つ,松南院座を興している。彼の指揮下で制作された作品と推定されているのは1222年(貞応1)の《聖徳太子講讃図》(法隆寺)であり,記録の上では1207年(承元1)最勝四天王院御堂の名所絵,24年(元仁1)四天王寺絵堂の《聖徳太子絵伝》および《九品往生図》を制作したことがわかる。…

※「松南院座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松南院座の関連キーワード里長音調四大家二人母材活字中毒本生富沢〈町〉南沢結城顕朝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone