コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松山令仙 まつやま れいせん

1件 の用語解説(松山令仙の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松山令仙 まつやま-れいせん

1834-1889 江戸後期-明治時代の僧,漢詩人。
天保(てんぽう)5年生まれ。三河(愛知県)の臨済宗(りんざいしゅう)花岳寺で得度し,慶応元年信濃(しなの)(長野県)木曾福島興禅寺の住持となる。武居用拙(たけい-ようせつ)と詩社攻玉社をつくった。明治22年10月8日死去。56歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。本姓は吉川。名は宗鶴。号は如庵。著作に「如庵詩抄」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

松山令仙の関連キーワード渋谷国安網野延平小出東嶂下田吉蔭昇斎一景椎陰菅喜田松頂関直吉中村理禎吉沢雪葊

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone