コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平治好 まつだいら はるよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平治好 まつだいら-はるよし

1768-1826* 江戸時代後期の大名。
明和5年3月25日生まれ。松平重富(しげとみ)の長男。寛政11年越前(えちぜん)福井藩主松平家13代となる。文政元年嫡男斉承(なりつぐ)が将軍徳川家斉(いえなり)の娘浅姫と婚約して2万石の加増をうけた。医学所済世館,藩校正義堂を創設。文政8年12月1日死去。58歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平治好の関連キーワード安田躬弦松平斉承

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android