コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本三郎兵衛 まつもと さぶろべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本三郎兵衛 まつもと-さぶろべえ

?-1850 江戸時代後期の釣り竿(ざお)師。
もと紀伊(きい)和歌山藩士。天明8年ごろ竿師となり,江戸浅草にすむ。以後代々三郎兵衛を名のった。嘉永(かえい)3年5月14日死去。号は東作屋号は泰地屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松本三郎兵衛

没年:嘉永3.5.14(1850.6.23)
生年:生年不詳
江戸後期,江戸浅草の釣り竿師。屋号は泰地屋,銘号は東作。元紀州藩士。上野山下で古道具屋を営み,利右衛門竿を多売したのが契機となり,天明8(1788)年に竿師に転向。以後,代々が三郎兵衛を世襲。3代目は特に布袋竹の撓めに長け,釣治(のち竿治)石山治三郎,中根忠吉と共に明治三名人といわれた。

(勝部直達)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

松本三郎兵衛の関連キーワード中根 忠吉没年

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android