松本三郎兵衛(読み)まつもと さぶろべえ

朝日日本歴史人物事典の解説

松本三郎兵衛

没年:嘉永3.5.14(1850.6.23)
生年:生年不詳
江戸後期,江戸浅草の釣り竿師。屋号は泰地屋,銘号は東作。元紀州藩士。上野山下で古道具屋を営み,利右衛門竿を多売したのが契機となり,天明8(1788)年に竿師に転向。以後,代々が三郎兵衛を世襲。3代目は特に布袋竹の撓めに長け,釣治(のち竿治)石山治三郎,中根忠吉と共に明治三名人といわれた。

(勝部直達)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android