コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道光帝 どうこうてい Dao-guang-di; Tao-kuang-ti

5件 の用語解説(道光帝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道光帝
どうこうてい
Dao-guang-di; Tao-kuang-ti

[生]乾隆47(1782).8.10. 北京
[没]道光30(1850).1.14. 北京
中国,清朝の第8代皇帝 (在位 1820~50) 。名は旻寧。諡は成皇帝。廟号は宣宗。年号は道光。嘉慶帝の次子。天理教の乱の平定で智親王に封じられ,嘉慶帝の皇太子密建法により即位。鉱山開発の奨励など混乱した財政の建直しに努力したが,イギリスアヘン貿易とそれに伴う銀の国外流出と経済の破綻は著しく,「反清復明」を号する秘密結社の活動と相まって社会不安が増大した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どうこう‐てい〔ダウクワウ‐〕【道光帝】

[1782~1850]中国、の第8代皇帝。在位1820~1850。名は旻寧(びんねい)。廟号(びょうごう)は宣宗。アヘン戦争に敗れ、欧米諸国に対して開国するに至った。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

どうこうてい【道光帝 Dào guāng dì】

1782‐1850
中国,清朝第8代の皇帝。在位1820‐50年。名は旻寧(びんねい)。廟号は宣宗。陶澍(とうじゆ)(1778‐1839)の塩政改革によって財政の立て直しをはかったが,時すでに遅く,官場の腐敗や満州八旗の堕落,銀価の高騰などによって,清王朝の内部矛盾をますます激化させた。さらにアヘン戦争の敗北と屈辱的な南京条約の締結は,外国列強の侵略を招き,中国の半植民地化への道を開くものとなった。【小野 和子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どうこうてい【道光帝】

1782~1850) 中国、清の第八代皇帝(在位1820~1850)。名は旻寧びんねい。廟号びようごうは宣宗。アヘン戦争に敗れ、西洋諸国に対し開国を余儀なくされた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道光帝
どうこうてい
(1782―1850)

中国、清(しん)朝第8代の皇帝(在位1820~50)。名は旻寧(びんねい)。諡(おくりな)は成帝。廟号(びょうごう)は宣宗。年号によって道光帝とよばれる。嘉慶(かけい)帝の第2子で、生母は喜塔臘(ヒタラ)氏。1813年の天理教徒の紫禁城侵入を破り智順王になった。即位ののち、鉱山開発の奨励など、窮乏した財政の立て直しに努力したが、積年の経済窮乏とイギリスとのアヘン貿易により26年に広東(カントン)貿易が入超となり、中国から銀が流出し始めたため、日常通用の銅銭との比価が高騰し、税の銀納を義務づけられていた農民はますます困窮し、国庫収入にも影響を与えた。清朝はアヘン貿易を禁止したが、イギリス政府、商人、地方貿易商らは自由貿易とアヘンの公認を求め、禁止令は実効がなかった。39年に林則徐(りんそくじょ)がアヘン没収を行ったことから40年にアヘン戦争が勃発(ぼっぱつ)、イギリス海軍が中国各地を占領した。この結果、42年南京(ナンキン)条約が批准されて清朝は開国するに至ったが、これが中国の植民地化の第一歩となった。また、社会不安の増大は、道光末年からの太平天国軍の蜂起(ほうき)を引き起こした。[細谷良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

道光帝の関連キーワード朱昴之張宗蒼一条悦子乾隆窯伊東長丘和珅《乾隆会典》乾隆御墨乾隆三大家乾隆石経

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone