松江和紙てまり(読み)まつえわしてまり

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

松江和紙てまり[人形・玩具]
まつえわしてまり

中国地方、島根県の地域ブランド。
松江市で製作されている。江戸時代に松江藩御殿女中によりつくり始められたとされる。その後、丈夫で様々な風合いある出雲民芸和紙・藍染糸を用いて和紙てまりが創作された。松江市の花である椿や島根県花の牡丹があしらわれている。慶事の贈答品として利用され、昔は嫁入り道具に入れる風習もあったという。島根県ふるさと伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android