コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松田察 まつだ さつ

1件 の用語解説(松田察の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松田察 まつだ-さつ

?-? 江戸時代中期の女性。
石見(いわみ)(島根県)浜田藩江戸屋敷奥女中岡本道の侍女。享保(きょうほう)9年(1724)道が藩主夫人付き局,落合沢野の辱めをうけて自害すると,懐剣で沢野をさし仇討ちをはたした。この事件は,のち浄瑠璃(じょうるり)「加々見山旧錦絵(かがみやまこきょうのにしきえ)」として上演された。長門(ながと)(山口県)出身。名は佐都ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

松田察の関連キーワード久米石見銀以登岩井重次岩本良寛(2代)菊本おはん堺屋おそで蔦屋お芳西村菊渓船山耕山

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone