懐剣(読み)かいけん

日本大百科全書(ニッポニカ)「懐剣」の解説

懐剣
かいけん

懐刀(ふところがたな)、隠剣(かくしつるぎ)ともいう。『古事記』に「自出剱」(懐よりを出す)とあるように、懐に隠し持つ刀剣のことをいう。しかし、これは特殊な様式のものではなく、『武器考證(こうしょう)』に「此懐刀ハ腰刀ナリ」とあるように、短い刀を懐中深く隠し持って外に現さず、火急の際に用いる。一般に女子が(にしき)の袋に入れて胸元に差すような誤解があるが、結婚式に花嫁が懐剣を懐にするのは明治以降のことである。

[小笠原信夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「懐剣」の解説

かい‐けん クヮイ‥【懐剣】

〘名〙
① ふところに入れておく護身用の短刀。ふところがたな。一尺三寸
※太平記(14C後)二七「懐剣(クヮイケン)と云太刀を錦の袋より取出して、赤松にこそ引きたりけれ」
連歌俳諧などの席にのぞむ前に、あらかじめ句案、句作しておくこと。また、その句。懐句。はらみ句。宿構(しゅっこう)。〔類聚名物考(1780頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「懐剣」の解説

かい‐けん〔クワイ‐〕【懐剣】

ふところに携える護身用の短刀。懐刀ふところがたな
[類語]短剣短刀あいくちどす守り刀けんつるぎ刀剣太刀大刀たち大刀だいとう小刀しょうとう名刀宝刀軍刀牛刀日本刀青竜刀サーベル銃剣手裏剣真剣懐刀ふところがたな脇差し小柄人斬り包丁快刀業物木刀木剣木太刀竹光長刀なぎなた

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android