コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松田氏 まつだうじ

世界大百科事典 第2版の解説

まつだうじ【松田氏】

中世備前の武将家。相模国足柄上郡松田郷(現,神奈川県足柄上郡松田町)を本貫とする関東御家人で,波多野氏の庶流。承久の乱(1221)の功によって備前国伊福郷地頭職を得て来住し,しだいに勢力を張り,南北朝初頭には松田盛朝,同信重が備前守護に補せられた。やがて赤松氏が備前守護となるとその被官となり,備前守護代に任じた。松田元成金川城を本拠山名氏と結んで自立を計って敗死したが,松田氏はその後も金川城を本拠として備前西部を抑え,三石城を本拠に備前東部に威を張った浦上氏と対抗した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の松田氏の言及

【備前国】より

…のちに一時期,幕府吏僚の長井泰重(大江広元の孫,六波羅評定衆)に代わったが,鎌倉末期には守護は佐々木(加地)氏に復していた。 南北朝期には,東国出身の国人松田氏や,足利氏支族の細川氏が守護になったが,1365年(正平20∥貞治4)に松田氏に代わって播磨守護赤松則祐(そくゆう)が備前守護を兼ね,義則,満祐と子孫がその職を継いだので,国人土豪は赤松氏の被官化し,また浦上氏などの播磨の武士が流入して赤松氏の領国化した。赤松氏は福岡に守護所をおき,備前を東西に2分して浦上,松田両氏をそれぞれ守護代としたが,嘉吉の乱で没落した。…

※「松田氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

松田氏の関連キーワード御津[町]宇喜多直家建武年間記松田(町)松田伝十郎松田憲秀松田貞清岡部東平真田幸村宇喜多氏松田正久十神山城松田町立入氏知事選御津豪円

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松田氏の関連情報