コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松田氏 まつだうじ

1件 の用語解説(松田氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

まつだうじ【松田氏】

中世備前の武将家。相模国足柄上郡松田郷(現,神奈川県足柄上郡松田町)を本貫とする関東御家人で,波多野氏の庶流。承久の乱(1221)の功によって備前国伊福郷地頭職を得て来住し,しだいに勢力を張り,南北朝初頭には松田盛朝,同信重が備前守護に補せられた。やがて赤松氏が備前守護となるとその被官となり,備前守護代に任じた。松田元成は金川城を本拠に山名氏と結んで自立を計って敗死したが,松田氏はその後も金川城を本拠として備前西部を抑え,三石城を本拠に備前東部に威を張った浦上氏と対抗した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の松田氏の言及

【備前国】より

…のちに一時期,幕府吏僚の長井泰重(大江広元の孫,六波羅評定衆)に代わったが,鎌倉末期には守護は佐々木(加地)氏に復していた。 南北朝期には,東国出身の国人松田氏や,足利氏支族の細川氏が守護になったが,1365年(正平20∥貞治4)に松田氏に代わって播磨守護赤松則祐(そくゆう)が備前守護を兼ね,義則,満祐と子孫がその職を継いだので,国人土豪は赤松氏の被官化し,また浦上氏などの播磨の武士が流入して赤松氏の領国化した。赤松氏は福岡に守護所をおき,備前を東西に2分して浦上,松田両氏をそれぞれ守護代としたが,嘉吉の乱で没落した。…

※「松田氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松田氏の関連キーワード遠藤故厓松平正信山北蛭ヶ岳将家曽我大森実頼中村舜次郎湯山弥五右衛門松美酉

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松田氏の関連情報