コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦上氏 うらがみうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浦上氏
うらがみうじ

紀氏。代々播磨国浦上荘に住み,行景のときから浦上氏を称した。赤松氏に仕え守護代となり,応仁の乱で活躍。のち主家を倒して自立。永禄4 (1561) 年宗景のとき,家臣宇喜多直家に破られ滅亡。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うらがみうじ【浦上氏】

室町時代の播磨・備前の豪族。本姓は紀氏と伝え,播磨揖西郡浦上荘を本貫地とする。大徳寺開山宗峰妙超も浦上氏の出自。南北朝時代,赤松氏が播磨・備前・美作の守護として台頭すると,その被官となる。行景,宗隆,助景らが備前守護代を歴任し,本拠も備前東部の和気郡三石城に移った。嘉吉の乱で赤松氏が没落した後,浦上則宗が出て赤松政則を補佐し,赤松氏再興の中心的存在として応仁の乱に活躍,政則を播備作3国守護および侍所所司に復権せしめ,みずからも所司代となり在京して重責を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浦上氏
うらがみうじ

播磨(はりま)国(兵庫県)揖西(いせい)郡浦上庄(しょう)を本貫とする在地領主。南北朝期以降赤松氏が守護大名として成長するに伴い、その有力家臣としてしだいに政治的に発展した。1367年(正平22・貞治6)備前(びぜん)(岡山県)守護赤松則祐(そくゆう)の守護代として浦上行景が認められるのを初見として、同国守護代職を一族で相継ぎ、備前東部は同氏の重要な拠点になった。また1437年(永享9)浦上三郎は播磨国の検断奉行(ぶぎょう)として認められるが、彼は侍所(さむらいどころ)所司でもあった守護赤松満祐(みつすけ)のもとで所司代をも兼ねていた。守護赤松氏再興後の浦上則宗(のりむね)の政治的地位はきわめて高く、その領国支配を根底から支え、一族の権勢は飛躍的に発展した。1502年(文亀2)則宗は死没。その嗣子(しし)村宗は1520年(永正17)守護赤松義村(よしむら)を追い、播磨、備前、美作(みまさか)(岡山県)に支配権を確立したが、中央の政治抗争にかかわり31年(享禄4)戦死。浦上氏の大名権力としての成長はここに終わった。[岸田裕之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の浦上氏の言及

【備前国】より

…のちに一時期,幕府吏僚の長井泰重(大江広元の孫,六波羅評定衆)に代わったが,鎌倉末期には守護は佐々木(加地)氏に復していた。 南北朝期には,東国出身の国人松田氏や,足利氏支族の細川氏が守護になったが,1365年(正平20∥貞治4)に松田氏に代わって播磨守護赤松則祐(そくゆう)が備前守護を兼ね,義則,満祐と子孫がその職を継いだので,国人土豪は赤松氏の被官化し,また浦上氏などの播磨の武士が流入して赤松氏の領国化した。赤松氏は福岡に守護所をおき,備前を東西に2分して浦上,松田両氏をそれぞれ守護代としたが,嘉吉の乱で没落した。…

※「浦上氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浦上氏の関連キーワード宇喜多能家宇喜多氏荒木村重赤松政秀美作国岡山藩松田氏砥石城赤松記洞仙院

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浦上氏の関連情報