コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松葉楼小愛 まつばろう しょうあい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松葉楼小愛 まつばろう-しょうあい

?-? 明治時代の遊女。
もと東京吉原の品川楼の花魁(おいらん)で,根津の松葉楼抱えとなる。美人で,俳句をよくし,俳名を小愛という。明治15年ごろ,いつも冷遇されていた男が俳句の宗匠と登楼し,俳句の手合わせをもうしこんだ。小愛が姿をあらわさないので宗匠に狂歌をつくらせなじったところ,たちどころに返歌をして恥をかかせたという。源氏名雲井

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松葉楼小愛の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android