コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松葉楼小愛 まつばろう しょうあい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松葉楼小愛 まつばろう-しょうあい

?-? 明治時代の遊女。
もと東京吉原の品川楼の花魁(おいらん)で,根津の松葉楼抱えとなる。美人で,俳句をよくし,俳名を小愛という。明治15年ごろ,いつも冷遇されていた男が俳句の宗匠と登楼し,俳句の手合わせをもうしこんだ。小愛が姿をあらわさないので宗匠に狂歌をつくらせなじったところ,たちどころに返歌をして恥をかかせたという。源氏名雲井

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松葉楼小愛の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android