コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根津 ねづ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

根津
ねづ

東京都文京区東部の住宅・商業地区。山手台地を刻む浸食谷内に位置し,江戸時代初期は沼沢地と伝えられる。宝永3 (1706) 年根津権現 (根津神社 ) が建立され,地名はこの神社に由来する。社殿は国指定の重要文化財,境内はツツジの名所。東京地下鉄千代田線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ねづ【根津】

東京都文京区東部の地名。根津権現社がある。もと遊郭があったが、明治21年(1888)洲崎(すさき)江東区)へ移転した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ねづ【根津】

東京都文京区北東部,上野・本郷両台地間の根津谷(藍染(あいぞめ)川の谷)に位置する低地部の地名。台地の根(山麓)にある津(舟着場)の意が地名の由来とする説もある。1652年(承応1)甲府宰相徳川綱重の下屋敷の地となる。1706年(宝永3)同家産土(うぶすな)神の根津権現(根津神社)が駒込千駄木から移転して以来,根津と称するようになった。同社は文明年中(1469‐87)太田道灌の再興と伝えるが,当地への移転にともない,その門前地には門前町屋2町(根津門前町,根津社地門前)と西丸奥坊主らの拝領町屋敷(根津宮永町)がつくられ,やがて江戸有数の繁華な岡場所(私娼街)となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ねづ【根津】

東京都文京区東端の地名。根津権現社の門前町。江戸時代には門前に岡場所があり、にぎわった。

ねづ【根津】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

根津の関連キーワード向井荒太の動物日記 愛犬ロシナンテの災難鹿児島県大島郡与論町朝戸富国生命保険[相互会社]根津 嘉一郎(1代目)誰かが彼女を愛してる十勇士(真田十勇士)根津嘉一郎(2代)東京都文京区根津さらば愛しき大地東京都港区南青山渚のシンドバッドたどんとちくわ竜馬を斬った男サザンスコール川柳(11代)タスマニア物語東武鉄道[株]この愛の物語燕子花図屏風許されざる者

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

根津の関連情報