コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板付き イタツキ

2件 の用語解説(板付きの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いた‐つき【板付き】

板の付いたもの。また、板に付いたもの。
板の間(ま)。板敷き。
《「板」は舞台の床板の意》歌舞伎などで、幕が開いた時に俳優がすでに舞台に出ていること。あるいは、回り舞台に乗って出ること。また、その俳優。
男色をする少年俳優の中で、上位の者。
「上品(じゃうぼん)なるを名付けて、太夫子(たいふこ)、舞台子(ぶたいこ)、―といへり」〈浮・禁短気・二〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いたつき【板付き】

板のついたもの。板についたもの。
板の間。板敷。
〔「板」は舞台の意〕 芝居で、開幕のとき、すでに俳優が舞台に出ていること。また、その俳優。
近世、罪人の首をさらす獄門台のこと。また、さらし首になること。 「どうせ細つた素首そつくびだから三尺高い所へ-になつて、小塚原か鈴ケ森へ肆さらされた時に/塩原多助一代記 円朝

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

板付きの関連情報