コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

男色 ダンショク

7件 の用語解説(男色の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だん‐しょく【男色】

なんしょく(男色)

なん‐しょく【男色】

男性間の同性愛。衆道。だんしょく。
男色の対象となる男。陰間(かげま)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

男色【だんしょく】

男色(なんしょく)

男色【なんしょく】

男子の同性愛。〈だんしょく〉ともいい,衆道(しゅどう),若道(にゃくどう),野道とも。日本では仏教渡来以後女犯を禁じられた僧院で始まったらしく,室町以後稚児(ちご)(喝食(かつしき))を愛する風が盛んとなり,戦国以降は尚武の気風から少年武士が男色の対象となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なんしょく【男色】

男性の同性愛。〈だんしょく〉とも読む。人間社会には太古から男色は存在したと考えられる。古代の神話や伝説の多くに,例えばギルガメシュエンキドゥ(《ギルガメシュ叙事詩》),ホルスの腿間にペニスを挿入したセト(《ホルスとセトの争い》),イエスがだれよりも親密な交わりをもったヨハネ(《黄金伝説》)など,男色を疑わせる話がある。またR.バートンの《千夜一夜物語》英訳本の巻末論文には〈男色〉の一節があって,古今東西のおびただしい例を挙げている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

だんしょく【男色】

男性の同性愛。衆道しゆどう。若道にやくどう。なんしょく。

なんしょく【男色】

男の同性愛。鶏姦。衆道しゆどう。だんしょく。
男色を売る若衆。かげま。 「主ある-に思ひかけ/浮世草子・三代男」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の男色の言及

【男色】より

…〈だんしょく〉とも読む。人間社会には太古から男色は存在したと考えられる。古代の神話や伝説の多くに,例えばギルガメシュとエンキドゥ(《ギルガメシュ叙事詩》),ホルスの腿間にペニスを挿入したセト(《ホルスとセトの争い》),イエスがだれよりも親密な交わりをもったヨハネ(《黄金伝説》)など,男色を疑わせる話がある。…

【田夫物語】より

…寛永年間(1624‐44)刊か。問答体の形式をとる男色女色の優劣論。書名の由来は,男色愛好者が〈華奢者(きやしやもの)〉(風流な伊達者)であるのに対し,女色支持者を〈田夫者〉(田舎者)と規定することによっており,当時の衆道の流行ぶり,それを風流とみる風潮もうかがえる。…

【同性愛】より

…このように,〈制度化された同性愛〉にも,北米インディアン社会のように一部の者が男から女(あるいは両性具有者)へ転換するために女性として行う異性愛行為の模倣と,ニューギニア社会のようにすべての男が特定の期間に少年から成人へ転換するために男性として行う,異性愛行為とは明確に対立する形態という,二つの型があり,多くの同性愛はその両者間の変異として位置づけられよう。男色【小田 亮】。…

【男色大鑑】より

…改編改題本に《古今武士形気》がある。本書成立の背景には,かつては僧侶や一部の公家の間の習俗であったが,中世,わけて戦乱が日常化した戦国時代以来武家社会の生活にも瀰漫(びまん)した男色(男子間の同性愛,とくに年長者が年少者を愛する稚児愛,若衆愛をさす)の風潮,さらに江戸時代に入ると一般庶民の間にもその風は広まり続けた日本独自の男色史の経緯がある。風教上害ありとして,いわゆる〈若衆歌舞伎〉は禁止されたが,その後も少年俳優への同性による性愛沙汰はやまず,かさねて種々の業態による若衆の売色の盛行,さらには,それが金銭によらないしろうとの間に及んでいったことを考えあわせるべきだろう。…

【男色物】より

…狭義には,江戸初期の仮名草子やそれを受けた浮世草子好色物(好色本)の一型を指す。広義には,時間と空間を問わず,また文学上のジャンルにとらわれず男色を扱った文学の総称である。もともと日本にはなく大陸からの渡来者,とりわけ仏教者の風俗が浸透したというのは俗説にすぎない。…

※「男色」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

男色の関連キーワード暖色同性愛慍色サフィズムレスビアンクイアー性別倒錯レズビアン男子食堂日本の同性愛者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

男色の関連情報